Q&A
人間幸福学部
人間幸福学部
Q&A

ホーム » 受験生の皆様へ » 人間幸福学部Q&A

受験生からよくある質問をまとめています

4年制

2年制

(国際人養成短期過程)

2年制(国際人養成短期過程)

 

4年制

Q. HSUでは、どういう感じで授業が行われているのですか?
A.

基本的には、一般の大学と同様と考えていただいて結構です。例えば、「一回の授業は90分」「『講義(レクチャー)形式』と『演習(ゼミ)形式』の授業があること」「学期末には試験やレポートがあり評価がなされること」等は一般の大学と同様です。中高と違って「自分で研究テーマを選び、主体的に学修を進めていくこと」「時間割を各自で作っていくこと」等も、他の大学と共通しています。

ですが、形態は他の大学と似ていても、人間幸福学部の各授業では、「仏法真理の視点から各分野の学問の本質が学べる」ことが最大の特徴です。HSUは創立者・大川隆法総裁より、「高等宗教研究機関」「大学を超えるような人間学を学ぶ場」という言葉を頂いています。特に幸福の科学教学系の授業では、大川隆法総裁の御法話や経典を真剣に学ぶ濃厚な授業が毎回展開されています。通常の大学ではあまりないことですが、講義中に仏法真理の言魂に触れることで、感動で思わず涙する学生が出たり、講義終了後には拍手が巻き起こったりすることも、HSUの魅力の一つです。

A.

できます。HSUでは他学部の科目も比較的自由に履修することが可能です。特に、幸福の科学教学系科目や、本学オリジナルの科目は学部を越えて多くの学生が履修しています。但し、自学部の必修科目等と時間割(時限)が重なっている科目は履修することができません。また、基本的には所属学部・コースの学生の履修が優先になりますので、科目によっては履修できないこともあります。

 
 

できます。社会人であることや、年齢によって不利になることはありません。既に人間幸福学部では、各年代の社会人の方も在籍して勉学に励んでいます。近隣の各種アルバイト等の仕事と両立して精進している学生もたくさんいますので、志ある方はぜひ入学をご検討下さい(但し、長生キャンパスでの授業出席をはじめ、ある程度勉学に専念できる時間は必要です)。

A.
 
A.

HSUでは「キャリア支援室」を中心として、各種資格取得の支援を行っています。具体的には、秘書技能検定、サービス接遇検定、日商簿記検定、日本語教育能力検定等の各種資格取得のサポートを行っています(一部資格は課外講座を開講のほか、本校を試験会場として資格試験を開催)。また、着付け師の資格を1年間で取得できる講座を開催している他、税理士や公認会計士などの難易度の高い資格についても、その資格を取得している教職員が、学習についてのアドバイスを行っています。また本校はTOEICスコアアップのために、学校全体としてTOEIC対策の学習を推奨しています。正課の英語科目のほか、TOEIC対策の課外授業も多く開催しており、学生の中にはわずか半年あまりでスコアを300点以上伸ばした方もおります。また英検受験のサポートも行っています。

2年制

 
A.

はい、必要です。経典『TOEICを受験する人たちへ』では、「最終的には『コミュニケーションの確立』が目的であり、『テストを通じて、その訓練をしているのだ』と思えばよいでしょう」と教えていただいております。ですので、まずはお気軽に受験頂いて、ご自身が今どのレベルにいるのか確認することで、英語コミュニケーション力の確立に向けて、どのような努力が必要なのかが明確になります。現状を把握することで伸び率を楽しむ事ができますし、また、ご自身に合わせた正しい努力の方向性も分かり、適切なサポートを受けることができます。HSUにおいてのTOEICは、成績を測られる試験というよりも、共に国際人として成長していくための道を知っていく指針、と捉えていただけますと幸いです。

 
A.

通信の場合は、インターネット環境さえあれば通学をしなくても履修可能ですので、仕事をされている方、主婦の方であっても問題なく学んでいただけます。通学の場合は、履修の選択肢が増えますのでそちらを検討されるのもお勧めです。実際に短期通信課程の方も、寮に入りながら通われているケースもございます。またよくある質問として、スピーキングの授業はどうなるのかということですが、現時点では、ビデオ授業(録画)及び、スカイプを利用したツーウエイの授業を検討予定ですので、一方通行の授業だけではなく、インタラクティブな授業も受講いただけます。

 

大丈夫です。HSUでは、『英語を学ぶことの意義や理念』から勉強していきますので、最初は苦手だったとしても、英語が大好きになって目を見張るようなスコアアップを達成される方が多数いらっしゃいます。たとえ苦手意識が残っていても、英語力は学習量に比例して必ず伸びますので、ぜひHSUの英語学習メソッドを体験していただければ幸いです。また、「国際人養成短期課程」では、黒帯科目群、白帯科目群という、レベル別に大きく2つのコースで分かれておりますので、ご自身に合ったコースを履修頂けますのでご安心下さい。

A.
 

国際人養成短期課程は、社会人の方を主な対象としており、高校を卒業されたばかりの方は、原則4年制をお勧めしております。そのため、基本的には22歳以上の方を対象とし、授業を組ませていただいております(年齢の上限はございません)。現時点では通学は難しいからと諦めていた方、第二の人生として、「地の果てまでも英語で伝道しよう!」と志される方はどなたでも志願頂けます。

A.
 

できます。通信の場合は、ある程度ご自身の都合にあった時間帯で、ご自宅にいながら受講可能です。通学と比較して、ご自分のスケジュールに合わせて、授業を受けられることが、通信の最大のメリットかもしれません。科目数としては、1年で12科目~14科目を履修していただくイメージですので、週末にまとめて受講されても結構ですし、毎日少しずつ取り組む計画をされるのもいいですね。

A.

Copyright © Happy Science University Faculty of Human Happiness All rights reserved